スポンサーリンク

【中国製スマートウォッチ】おすすめ10選|安い中国製スマートウォッチはどれが良いか?

chinasmartwatch アフィリエイト
この記事は約26分で読めます。

はじめに

エイじー
エイじー

こんにには、エイじーです。

エイじー
エイじー

私は中国製スマートウォッチを便利に使っているにゃ
これをぜひ皆に知ってもらいたいにゃ

と言うことで、私がおすすめする中国製スマートウォッチについて紹介したいと思います。

 私は、中国製スマートウォッチであるRiversong スマートブレスレットを2018年5月にAmazonで1,300円ほどで購入し、試しに使ってみたのが初めであり、その時にこんな安価で結構使えるな・・・と言う感想を持ちました。

 この頃、歩いた歩数、距離、消費エネルギー、心拍数、血圧などが測定できそれをiphone付属のヘルスケアと連携できるスマートウォッチを探していました。このような私の要望にマッチしたスマートウォッチは中国製のスマートウォッチしかなかったのです。

 それでは、私がおすすめする中国製スマートウォッチをいくつか紹介しようと思いますが、その前に私がおすすめする理由などについて紹介します。

中国製スマートウォッチをおすすめの理由

 スマートウォッチと言えば、有名なのがアップルのスマートウォッチですが、2020年12月20日、現在のApple Watch Series 6(GPSモデル)で約5万円前後と高価です。また、血中酸素濃度、心拍数、睡眠時間などは計測できるが体温、血圧などは計測できません。

 他に有名どころとして、韓国のサムスンが販売している「Galaxy Watch3 Stainless Steel 45mm SM-R840NZ」を見ると、価格は5万円前後であり血圧、心拍数、歩数、消費カロリー、睡眠時間などを計測可能であるが、やはり体温、血中酸素濃度などは計測できません。

 また、日本製を見ると「wena wrist pro Mechanical set -kawamori Edition- WNW-SB17A」は、価格が9万円前後と高価であり、計測できる項目は歩数や消費カロリー、睡眠の状態などの活動量ログのみです。

 それに対して中国製スマートウォッチは、価格も安く、測定項目も体温、血圧、心拍数、血中酸素濃度。睡眠モニター、活動量(歩数、距離、諸費エネルギーなど)など計測項目も多い。

 現在でも測定項目が少ないもので良ければAmazonなどで1,000円以下でも購入できるスマートウォッチもあり、3,000円台、4,000円台であれば種類も豊富で自分に合ったものを手に入れることができます。
 自分の健康管理にも役に立ち、価格が安いので失くしてもそれほど悔やむこともありません。私も、最初に使っていたスマートウォッチを旅行で失くしてしまって、現在使用しているスマートウォッチは3代目です。
 それでも、便利に現在も活用しています。現在私が使用しているスマートウォッチを下の画像に示します。

中国製スマートウォッチ

 現使、私が用している中国製スマートウォッチは、体温、血圧、血中酸素濃度などが測定できません。
 そこで、今回は、体温、血圧、血中酸素濃度も測定できるスマートウォッチを買おうと思い色々調べたのでここに紹介したいと思います。

中国製スマートウォッチおすすめ10選

 価格の安い順に紹介します。

1000円台のスマートウォッチ

❶【24時間体温測定 モニタリングができるスマートウォッチ】楽天から一部抜粋しました。
 体温測定、血圧、心拍数 睡眠計測など多種多様な機能が、生活を幅広くサポート。
消費カロリーも表示されるのでダイエットをされてる方にもおススメで効率良くダイエットをすることが可能。
 また、着信やLINE、ツイッターなどの通知、リモートカメラ機能も内蔵され、IP68なので着けたまま手を洗うことはもちろん、プール等で泳ぐことも出来ます。
 体温測定などの精度が不安定な場合は画面裏にありますセンサーについている透明なシートを外していただき、腕と裏面のセンサーを密着させて着けていただき10~15分後に測定を行っていただくと、より精度の高い測定が行えます。
 価格は、1,980円(送料無料)で購入できます。
 楽天の総合評価(レビュー総数1件) 5.0
 ただ、このアプリは不明です。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

❷【K6スマートウォッチ】楽天から一部抜粋しました。
 体温測定、血圧、心拍数、睡眠状態、歩数、消費カロリーなどが測定できます。
 ただ、血中酸素濃度は測定できないようです。
 楽天の総合評価(レビュー総数94件) 3.8
 価格は、1,980円(送料無料)で購入できます。
 このスマートウォッチのアプリは、Walkfit。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

2,000円台のスマートウォッチ

❸【F77スマートウォッチ】楽天から一部抜粋しました。
 24時間体温の監視ができ、心拍数、血圧、血中酸素濃度も測定できます。
 また、睡眠モニター、SNSの通知、3種類のスポーツモードも搭載したスマートウォッチです。
 価格は、2,474円(送料無料)で購入できます。
 楽天の総合評価(レビュー総数226件) 4.1
 専用アプリは、「iBAND」と言うアプリです。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

❹【EWIN製 スマートウォッチ】楽天から一部抜粋しました。
 24時間体温監視、血中酸素測定、心拍計、血圧測定、活動量計、歩数計、座りがちの自動注意、睡眠モニター、SMS通知、電話の着信通知、アラーム、データ同期、データ分析。時計機能はもちろん、
iPhoneやAndroidなどスマホとBluetoothで接続すれば、心拍数、走行距離、カロリー消費、睡眠モニター など日々の様々な活動量の計測が可能です。
 価格は、2,780円(送料無料)で購入できます。
 特典として、レビューを投稿してメール連絡で、スマートウォッチの交換用バンドを獲得できます。
 楽天の総合評価(レビュー総数1,385件) 3.9
 専用アプリは、「Runmifit」と言うアプリです。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

3,000円台スマートウォッチ

❺【体温測定 スマートウォッチ】楽天から一部抜粋しました。
 万歩計、カロリー消費、運動距離と時間を記録だけでなく、体温測定機能、睡眠検測、心拍計等の健康管理計測機能も搭載しています。
 心拍数センサーにより普段の安静時や運動時の心拍数を計測でき、不整脈など身体異常の早期発見に役立てたり、運動強度を元にトレーニング内容を調節する目安にしたりすることも可能です。
 夜に眠る時、睡眠モニターが自動的に心拍数を測定され、睡眠時間や深い睡眠、浅い睡眠、目覚まし回数などを直観的に表現して、よく眠れたかいなかがはっきり分かります。また、血圧も測定でき、日々計測したのデータは、アプリで管理するのも手軽で便利です。
 価格は、3,480円(送料無料)で購入できます。
 また、レビュー書くとウレタンマスク、iphone充電ケーブル、Type-C充電ケーブル、MicroUSB充電ケーブルのいずれかを獲得できます。
 楽天の総合評価(レビュー総数160件) 3.8
 専用アプリは、「iBAND」と言うアプリです。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

❻【T98スマートウォッチ】楽天から一部抜粋しました。
 スマートウォッチ本体は運動時に、万歩計、カロリー消費、運動距離と時間を記録だけでなく、体温測定機能、睡眠検測、心拍計等の健康管理計測機能も搭載しています。
 他にも目覚まし時計、座りがちの自動注意などの多機能が搭載され、毎日の生活習慣の改善や日常健康管理に役立ちます。
 スマートウォッチを手首または額の近くに置くだけで体温を測定できます。表皮温度と体温を同時に測定できます。
 価格は、3,680円(送料無料)で購入できます。
 また、レビュー書く交換用バンドを獲得できます。
 楽天の総合評価(レビュー総数657件) 4.1
 専用アプリは、「FitcloudPro」と言うアプリです。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

❼【多機能スマートウォッチ】楽天から一部抜粋しました。
 スマートウォッチ本体は運動時に、万歩計、カロリー消費、運動距離と時間を記録だけでなく、体温測定機能、睡眠検測、心拍計等の健康管理計測機能も搭載しています。
 他にも目覚まし時計、座りがちの自動注意などの多機能が搭載され、毎日の生活習慣の改善や日常健康管理に役立ちます。
 スマートウォッチを手首または額の近くに置くだけで体温を測定できます。表皮温度と体温を同時に測定できます。
 価格は、3,980円(送料無料)で購入できます。
 また、レビュー書くと交換用バンドを獲得できます。
 楽天の総合評価(レビュー総数16件) 4.0
 専用アプリは、「GloryFit」と言うアプリです。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

4,000円台のスマートウォッチ

❽【T23スマートウォッチ】楽天から一部抜粋しました。
 万歩計、カロリー消費、運動距離と時間を記録だけでなく、睡眠検測、心電図、心拍計、血圧、血中酸素等の健康管理計測機能も搭載しています。
  他にも目覚まし時計、座りがち注意などの多機能が搭載され、毎日の生活習慣の改善や日常健康管理に役立ちます。
 スマートウォッチを手首または額の近くに置くだけで体温を測定でき、表皮温度と体温を同時に測定できます。注:最初の測定中は5分間着用してください。
 心拍数センサーが搭載され、普段の安静時や運動時の心拍数を計測できる。夜に眠る時、睡眠モニターが自動的に心拍数を測定され、睡眠時間や深い睡眠、浅い睡眠、目覚まし回数などを直観的に表現して、よく眠れたかいなかがはっきり分かります。
 価格は、4,180円(送料無料)で購入できます。
 楽天の総合評価(レビュー総数472件) 4.1
 専用アプリは、「FitcloudPro」と言うアプリです。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

❾【P29スマートウォッチ】楽天から一部抜粋しました。
 IPSディスプレイを採用したの綺麗な画面を再現し、視認性も操作性も良いです。 さらに、フルタッチスクリーン式なので指先で上下左右にスライドだけで簡単に操作できます。
 ランニング、サイクリング、山登り、ウォーキングという4種類の運動モードが付けます。ランニング、山登り、ウォーキングのモードで歩数、 カロリー消費、距離、心拍数は計測されており、サイクリングのモードでカロリー消費、心拍数は計測することができます。運動データを同期化させると、毎日の運動量を把握することができます。
 手首に装着するだけで心拍、血圧、血中酸素濃度を測定し、同期化されたデータをアプリでチェックできます。
 睡眠モニターでは深い眠り、浅い眠り、起きるの3つ状態に分けていて、毎晩の睡眠状況を記録します。
 価格は、4,380円(送料無料)で購入できます。
 楽天の総合評価(レビュー総数433件) 3.7
 専用アプリは、「FunKeep」と言うアプリです。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

❿【2020年最新 スマートウォッチ 体温測定 】楽天から一部抜粋しました。
 2最新全画面フルタッチスクリーンにより操作性が抜群であり、24時間体温監視機能があり、それだけでなく、24時間心拍数測定/血圧/血液酸素/睡眠記録等などができ、健康管理に役立ちます。
 その他、各種SNSへの応答モード、各種スポーツモードによる運動量の計測などにも対応しています。
 価格は、4,980円(送料無料)で購入できます。
 楽天の総合評価(レビュー総数40件) 4.3
 専用アプリは、「FitCloud Pro」と言うアプリです。
 下のバナーは、楽天市場のみを参考にしてください。

スマートウォッチ専用ソフトの評価

 スマートウォッチ本体そのものも大事ですが、専用アプリの良し悪しで使い勝手が大きく左右されます。

 そこで、それぞれのスマートウォッチの専用アプリについて、iSO版とAndoroid版でどのような評価がされているのかを見てみたいと思います。

ソフト名スマートウォッチiSOでの評価
(5点満点中)
Andoroidでの評価
(5点満点中)
楽天の
総合評価
スマートウォッチ
の価格
不明❶【24時間体温測定 モニタリングができるスマートウォッチ】5.001,980円
Walkfit❷【K6スマートウォッチ】1.62.93.811,980円
iBAND❸【F77スマートウォッチ】2.23.14.142,474円
Runmifit❹【EWIN製 スマートウォッチ】2.22.73.922,780円
iBAND❺【体温測定 スマートウォッチ】2.23.13.813,480円
FitcloudPro❻【T98スマートウォッチ】3.93.14.153,680円
GloryFit❼【多機能スマートウォッチ】4.53.34.003,980円
FitcludPro❽【T23スマートウォッチ】3.93.1
4.11
4,180円
FunKeep❾【P29スマートウォッチ】1.72.43.764,380円
FitcloudPro❿【2020年最新 スマートウォッチ 体温測定 】3.93.14.354,980円

スマートウォッチの10種の総合評価

 スマートウォッチのアプリの評価、楽天の評価、価格などを総合的に考えて、私が最もおすすめなのは「❼【多機能スマートウォッチ】」です。

 2番目におすすめは、楽天の総合評価(レビュー総数657件)で4.15と評価が高く、安心して購入できる❻【T98スマートウォッチ】です。

 安さを求めるならば、「❶【24時間体温測定 モニタリングができるスマートウォッチ】」がお得と考えられます。ただ、まだ楽天評価がないのが少し気がかりな所です。

 比較的安いものを考えているならば、「❸【F77スマートウォッチ】」は楽天評価がレビュー総数226件で4.14ですので買い目と言えます。

 少し高くても良いと考えているならば「❿【2020年最新 スマートウォッチ 体温測定 】」も楽天評価がレビュー総数40件で4.35ですので買い目と言えます。

おわりに

 スマホと連携できる中国製スマートウォッチ10種をレビューしてきましたが、いかがだったでしょうか?これを読んで、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

 中国製スマートウォッチはいずれも価格が安く、測定項目も多いのが特徴です。一方、アップル製スマートウォッチやサムスン製スマートウォッチ、日本製スマートウォッチは高価であり、測定項目も中国製に比較して少ないですが、ブランドがあり安心感があります。

 どちらをとるかは皆様の判断にお任せしますが、このレビューが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 あと、スマートウォッチで測定される血圧、心拍数、血中酸素濃度などはあくまで目安の値とお考え下さい。医療器具によるデータの信頼性はありません。そのことは、頭の中にしっかりと刻み込んでおいてください。測定精度に関しては、ここでは解説することができませんでしたが、その様な機会があればぜひ実施してみたいと思っています。楽しみにしてお待ちください。

 以上です。

🕶  超速Kindle本の作成法を学べる講座

メルマガの登録ありがとうございます。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました