スポンサーリンク

初めて「Wish」で買い物をしてみた。

Wish
この記事は約4分で読めます。

 最近、新型コロナウイルスの関係と思われますが、Amazon、楽天市場などの総合市場で非接触型の体温計(赤外線を利用した温度計)が前に見た時よりもかなり値上がりしていると感じました。


 そこで、海外のインターネットの通信販売で「Wish」と言うアメリカのサンフランシスコに本部を持つ電子商取引の会社で買い手が商品の画像を見ながら自分に合ったものを格安で買うことができるものがあると聞き早速試してみることにしました。
 本題に入る前に、もう少し「Wish」について調べてみました。「Wish」をインターネットの百科辞典である「WikipediA」によると2,010年7月に元Googleエンジニアのピオトル・ズルシェフスキが創設したContextLogicと呼ばれるソフトウェア会社から始まったようです。「Wish」は、検索バー形式に頼るのではなく、顧客ごとに視覚的にショッピングができるようにしたブラウジング技術を提供し、売り手が「Wish」に自分の製品をリストし、消費者に直接販売することができるようにしています。「Wish」は支払いを処理する仲介役として働き、製品自体を在庫したり、返品を管理したりすることはないとのことです。


 普通の商品だと売り手からいくつもの中間業者を通して買い手に渡るため中間業者でのマージンが上乗せされるため商品の価格が高くなるわけですが、「Wish」は、この中間業者を通さずに売り手と買い手をつなぎますので商品価格を安くすることができる特徴を持っている訳です。また、「Wish」に出品しているメーカは中国メーカーが多く、主にブランド品でないものを多く扱っております。さらに、配送スピードが遅いため、Amazon、楽天などですと最短翌日に届くなどが当たり前であるのに対して、1か月もかかって消費が届くことなどもあるようです。このような特徴を持っていることを頭に入れて「Wish」を活用する必要があるでしょう。


 スマホを用いて「Wish」で買い物をしたい方は、「Wish」のソフトをダウンロードしてインストールする必要があります。それぞれ次のリックの貼ってあるサイトから行ってください。

 ここでは、PC版の「Wish」を使いいます。次のサイトを開いてください。

 次のような「Wish」のLoginまたはサインアップ画面がでます。名前、メールアドレス、パスワードを入れてサインアップするか、facebook又はgoogleアカウントでログインするか選ぶことができます。私は、googleアカウントでログインしました。


 ログインした画面の検索部分に「体温計」と入力してでた検索結果画面を下にスクロールしながら見て、自分が欲しいと思うものを選びます。私は、体温計だけでなく血圧計もほしかったので、両方が付いている商品を探しました。この時に同じ欲しい商品が値段が違っていくつも表示されますので売り手の評価などを勘案してできる限り一番安いものを選ぶ事が大事です。(私の失敗1)私が選んだのは、真ん中の値段のものでした。


 次に、選んだ商品をクリックすると、その商品の購入画面が出ます。購入ボタンを押して購入手続きを行います。最初は郵送先の住所、支払い方法などを選択して購入となります。後は商品が届くのを待つのみとなります。なお、私の支払い方法は、paypalを利用しました。paypalは、世界的に有名であり多くの方が利用している支払方法です。クレジット情報を売り手に知られる必要がなく安全と思ったからです。以下に購入画面を載せます。あと、商品購入画面から購入をクリックして、レジに進む画面が出ますが、その上部に「クーポン適用」があります。1日1回引ける「ブリッツバイ」があり、ここで割引クーポンが当たります。(引いてから10分間有効)この割引クーポンを活用することを忘れないことです。私は。最初にひいて10分間の有効期限が切れて適用できませんでした。(私の失敗2)


 因みに、まったく同じ商品は見当たらなかったですが、2020年3月25日現在でAmazonで同様なタイプの非接触型体温計、血圧計、オキシメータの3点がどの程度の値段であるか調べました。

  • 非接触型体温計 : 5,000円~
  • 手首血圧計 : 1464円~
  • 指先オキシメータ : 3337円~
  • 合計値段 : 9801円~

 となり、私が購入した値段(送料込み)4435円でしたので、約半値の値段で購入できたことになります。


 商品が届くのにどの程度かかるのか?商品はどの程度のものかについては、商品が届いてから、この記事の追加記事で書きたいと思います。お楽しみにしてください。

タイトルとURLをコピーしました