iphoneのBitwardenの使い方や安全性を解説!データのインポート、エクスポート方法なども説明

bitwardn02 iphone
この記事は約9分で読めます。

はじめに

 今日は、Bitwardenと言うパスワード管理ソフトをiphoneで使う方法について主に紹介します。

 この記事を読むとどのようなことが理解できるようになるかを次に示します。

  • Bitwardennのソフトダウンロードとインストール方法はどうすればよいの?
  • Bitwardenを使う際のマスターパスワードとログインの仕方はどうすればおいの?
  • Bitwardenを同期してiphoneなどの各種端末で使う方法はどうすればよいの?
  • Bitwardenの自動入力による便利な使い方はどうすればよいの?
  • Bitwardenのデータをインポート、エクスポートして活用する方法はどうすればよいの?
  • パスワード管理ソフトとしてのBitwardenの安全性はどうなの?

 皆さんは、パスワード管理ソフトって知っていますか?

 皆さんは、インターネットで買い物、登録などでパスワードを使いますよね。

 その時に、自分の名前、生年月日などの分かり易い文字でパスワードを設定していませんか?

 これは、大変危険で、今はこのような簡単なパスワードが他の第三者にハッキングされたら、クレジットカードや銀行口座などの場合であれば、自分のお金がいつの間にか使われているということもあるわけです。

 私も、つい最近あるクレジットカード会社から使用額の案内があり、そのクレジットカードの利用に身に覚えのない外国の方から利用されていることが分かり、直ぐに、そのカードの利用停止と、再発行の手続きをした経緯があります。

 私の場合は、支払い前だったので自分の口座への影響はないとのことでしたが、パスワードの大事さは、この時に身をもって思い知らされました。

 パスワード管理ソフトは、誰もが予想できないようなランダムな文字列の組み合わせでパスワードを生成してくれ、しかも、自分がそのパスワードを知らなくとも自動で入力してくれる優れものです。

 色々な所に登録する機会が増えると、パスワードの設定もその登録ごとにしなくてはならないわけで、その場合に役に立つのがパスワード管理ソフトと言う訳です。

 このパスワード管理ソフトは、種類も多く「1password」と言うソフトが有名ですが、ここでは、無料でほぼ全ての機能を利用できる「Bitwarden」と言うパスワード管理ソフトについて紹介したいと思います。

 それでは、それぞれについてもう少し深堀していきたいと思います。

Bitwardenソフトのダウンロードとインストール方法

 Windowsなどのパソコンにソフトをダウンロードしてインストールする場合は、Biwardenのホームページに移りそれぞれ対応したOSのソフトをダウントードしてインストールします。

 ここでは、詳細は省きますが、初めてアカウントを取得する場合は、トップページの「無料トライアルを始める」をクリックして、メールアドレス、名前、マスターパスワード、再度マスターパスワード、マスターパスワードのヒント(省略可能)、利用規約・プライバシーポリシーにチェックを入れて、送信をクリックして手順に沿って手続きをすれば利用可能になります。

 既に、アカウントを利用していてそのアカウントでログインしたい場合は、トップページの右上にある「お問い合わせ」をクリックして、でた問い合わせ画面で右上の「Login」をクリックすると、Bitwardenのログイン画面がでますので、「メールアドレス」と「マスターパスワード」を入力して「ログイン」をクリックすれば、自分が作成したデータ保管庫のBitwardenに入り利用可能となります。

 iphoneの場合は、iphoneの「App Store」の検索で「Bitwarden」と入力してでてきたBitwardenのソフトをインストールして、「開く」をタップすればiphone画面にアイコンが出てきて利用可能となります。

 また、Androidスマホの場合は、「Google Play」の検索で「Bitwarden」と入力してでてきたBitwardenのソフトをインストールして、「開く」をタップすればiphone画面にアイコンが出てきて利用可能となります。

Bitwarden パスワードマネージャー
Bitwarden パスワードマネージャー
開発元:8bit Solutions LLC
無料
posted withアプリーチ
 

Bitwardenを使う際のマスターパスワードとログインの仕方

 Bitwardenを利用するためには、メールアドレスとマスターパスワードが必要になります。

 マスターパスワードだけはどこかにメモをして忘れないようにしてくださいね。

 このやり方などについては、前に書いた記事に図解で解説していますのでそちらを参照ください。

Bitwardenを同期してiphoneなどの各種端末で使う方法

 Bitwardenをインストールしてある端末であれば、自動的に同期してくれますが、直ぐに同期されるかどうかは不明のために、強制的に同期すれば、他の端末で修正した情報も同期によって反映されますので、便利に使えるようになります。

 ここでは、私が利用しているWindows10とiphone11での同期する方法について紹介したいと思います。

Windows10で同期する方法
 Windows10にインストールしたBitwardenに上述の方法でログインします。
 その後、Bitwardenのトップ画面で上のメニューの「ファイル」⇒「保管庫の同期」をクリックすれば、強制的に同期が可能です。

【iphone11で同期をする方法】
 iphoneの画面でBitwardenのアイコンをタップして、Bitwardenの保管庫画面で下のメニューの「設定」⇒「同期」⇒「保管庫を同期する」を順次タップすると強制的に同期することが可能です。

Bitwardenの自動入力による便利な使い方

 全てに自動入力が対応しているかどうかは不明ですが、それでも、IDやパスワードをコピーして入力できるだけでも、キーボードやスマホの入力画面から入力するよりは随分と楽になります。

 さらに、自動で色々なサイトにID、パスワードを入力してくれればこの上なく便利に使えます。 そこで、Windowsとiphoneについて、自動入力の設定を紹介します。

Windows10でChrome拡張機能を使って自動入力する方法

 Google ChromeにWitwardenの拡張機能をインストールし、「固定」を有効化すると上のURLのアドレスバーの右の方にBitwardenのアイコンが現れます。 このアイコンをクリックして、マスターパスワードを入力してBitwardenのタブ画面に入ります。

 その後、下のメニューの「設定」⇒「オプション」をクリックして次の設定をしてください。

デフォルトの URI 一致検出方法を「完全一致」を選択

 以上の設定で、自動入力できずにサイトに入れない場合は、URLが一致していないことが考えられるので、一致する正しいURLを設定して、Bitwardenに保存してください。

iphone11で自動入力する方法

 iphoneの「設定」⇒「パスワード」⇒「パスワードを自動入力」⇒パスワードを自動入力がオン、Bitwardenにチェック を確認してください。

Bitwardenのデータをインポート、エクスポートして活用する方法

 Bitwardenのインポートは、他のパスワード管理ソフトなど、例えば、「1password」からBitwardenにデータを移行したい場合などに使えます。

 どのようなパスワード管理アプリであろうと、使っているパスワード管理アプリからデータをbitwarden形式にエクスポートできるならば、基本的にBitwardenへのデータ移行は可能です。

 私は、IDマネージャーと言うWindows専用のパスワード管理ソフトを利用していて、iphoneでも利用するために、Bitwardenにデータ移行を実施した経験があります。 その記事は以下を参照ください。

 また、データ保管庫のエクスポート機能は、データのバックアップと言う意味でも重要です。

 つまり、何らかの不具合でBitwardenのデータが壊れて使えない状態になった際にバックアップを取っていれば、その保管庫のデータをインポートすれば、データをインポートした時期まで遡ることになりますが、データ復元が可能となります。

 その意味でも、データのエクスポート機能を用いデータをバックアップを取っておくことは大事ですので、皆さんもある程度データ保管庫が多くなった時点で必ず実施するようにしてくださいね。

パスワード管理ソフトとしてのBitwardenの安全性

 前述ではパスワードの管理のみについて書きましたが、このBitwardenはID、URL、メールアドレス、電話番号、住所なども管理しようと思えば管理できます。

 このような、管理ソフトの安全性を知ることは大事ですし、知っておかなくてはならないことです。

 では、Bitwardenの安全性を裏付ける事柄を次に述べます。

  • Bitwardenはオープンソースソフトであること。
    このソフトは誰でも利用可能ですし、透明性があるために、何かソフトの欠陥があってもオープンソースのために修正版がすぐに提供されますし、セキュリティー的にも安心して利用できます。
  • 無料版であるにもかかわらず機能制限が少ないこと。
    パスワードの自動生成、カード情報の保存、ログイン情報の保存、URLやメールアドレスなどの保存、セキュアメモの保存、住所や電話番号の保存、パスワードの自動入力、デバイス間のデータの同期など、パスワード管理ソフトに必要な機能の全てが無料で利用可能です。
  • Bitwardenアカウントは2段階認証に対応していること。
    Bitwardenを利用する際に一般にはマスターパスワードを入力すれば、利用可能ですが、安全性をさらに高めるために、最近色々認証システムで採用されている2段階認証に対応しています。
    2段階認証により、例えマスターパスワードを盗まれたりした場合でも、2段階認証を導入していれば、盗まれた方にBitwardenを利用されることはなくなります。
  • Windows、Mac、Linux、iphone、Andoroidなど端末やOSに依存せずに利用可能であること。
    利用する端末でBitwardenの同期を取れば、どこの端末でも入力した情報は直ぐに他の端末でも利用でき、大変便利です。(同期については、別に詳述します。)

おわり

 いかがだったでしょうか?

 今回はインターネット時代で色々なサイトに入る際に必要となるメールアドレス、パスワード、ユーザーIDなどの管理を行えるパスワード管理ソフト、Bitwardenについて、安全性はどうか?、ソフトダウンロードとインストール方法、使う際のマスターパスワードとログインの仕方、同期方法、 自動入力の設定方法について紹介してきました。 この記事を読んで、無料でほぼ全機能を使えるBitwardenを使い倒していただきたいと思います。

 この記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いに存じます。

以上です。

🕶  超速Kindle本の作成法を学べる講座

メルマガの登録ありがとうございます。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました